業者に服を売る流れ、ポイント

実店舗で売る場合の特徴

まず、実在する店舗では洋服の買取をするだけではなく、販売まで行っているところもあるということです。
そして、買取や販売、それらの売り上げ管理は店舗単位で行っています。
服の在庫管理もその店舗及び倉庫でしています。
つまり、1店舗ずつで区切られているため、在庫や服の売れ筋などはお店によって違うということです。
大手のショップであっても店舗単位のところが多いようです。
また、店員さんがいるということも大きい特徴でしょう。
ネットショップでは店員さんと直接話すということはありませんよね。
最後に、店頭に並んでいる商品がその店の主流の商品であり、高く買ってくれるということです。
ひとつひとつの店舗によって特徴が分かりやすいということですね。

ネットショップで売る場合の特徴

ネットショップを主流にしているところでも、実店舗と両方で運営している場合があります。
また、インターネットを活用しているため、全国に顧客がいます。
実店舗ではよほど有名なお店でない限り、全国にお客さんがいるということはないですよね。
だいたいの顧客は地域の人になりますし、全国的にいたとしてもそのような人は大多数ではなく、メインの顧客にはなりません。
また、実店舗と比較して、ネットショップには店員さんがいません。
店舗自体がなければ、それぞれの店舗ごとに店員さんを配置する必要がありません。
そのため、人件費などのコストが抑えられるという特徴もあります。
その抑えられたコスト分、洋服の価格に影響が出てきます。
これらがネットショップの特徴になります。


この記事をシェアする